[PR]栗原市新名物 くりはらふぉーめん

くりはらふぉ〜めん誕生物語

宮城県では、平成20年3月に【みやぎ建設産業復興プラン】を策定し、【新しいパートナーシップの構築】として【地域との協働】を掲げ、建設産業の振興を図る取り組みを行っています。その具体的な取り組みとして、平成22年度から宮城県栗原市の宮城県建設業協会栗原市部を中心とする地域関係者をメンバーとした【栗原市地域ビジネス協議会】(以下【協議会】という)を組織し、宮城大学と連携しながら、人口減少や高齢化が進む中で地域が抱える固有の課題や需要に応えるための新しいビジネス(地域ビジネス)について検討を行ってきました。

 

その中で、協議会では栗原市の新しい特産品の商品化を目指し、栗原市産米粉と栗原市が国内有数の産地となっているパプリカの葉の粉末を使った米粉麺【くりはらふぉ~めん】の商品化に向けて取り組んできました。【くりはらふぉ~めん】を地域の特産品として製造し、県内外へ販売・PRすることで、栗原市の活性化に繋げ、宮城県の特産品としても全国に拡販できる商材となるようにし、地域における経済・雇用創出効果に貢献するような製造・販売体制が栗原地域内で構築されることを目指しています。

 

[Youtube]栗原市の新名物 くりはらふぉ〜めんが良くわかる動画

4つのこだわり

くりはらふぉ〜めん

[1]お米100%使用の「米粉麺」

宮城県栗原市産米を100%使用し、小麦や卵を一切入れない、のどごしつるつるもちもちの米粉麺をつくりました。お年寄りからお子様まで世代問わずに好まれる味、食感に仕上がっています。

栗原名物くりはらふぉーめん

[2]お米は栗原市の一迫川口産 「ミルキークイーン」

その昔、伊達藩の献上米として扱われたほどの、良質の実る産地として有名な栗原市一迫川口産のおいしいお米「ミルキークイーン」をふんだんに使用しています。栗原の農家の手によって丹精こめて愛情たっぷり育てられた「お米の女王様」です。

栗原名物くりはらふぉーめん

[3]注目の新食材「パプリカの新芽」

栗原市では2006年より内陸性の冷涼な気候を活かした良質なパプリカの大規模栽培が始まり、パプリカは栗原の新しい特産品として「くりはらブランド」に認定されました。そんなパプリカのルテオリンたっぷりの新芽に注目し、葉の粉末を麺に練り込むことで、見た目も鮮やかな緑色の麺をつくりあげました。

栗原名物くりはらふぉーめん

[4]栗原を愛する有志たちの「熱い想い」

栗原の町を明るく元気にしたい!たくさんの人たちに喜んでもらえる商品をと、栗原で生まれ、栗原で育った、この土地を愛する人々が集まり、試行錯誤を重ねてついに「くりはらふぉ~めん」として皆さんに食べてもらえるようになりました。自然豊かな栗原の恵みを、ぎゅっと詰め込んだ「くりはらふぉ~めん」をぜひ、たべてけらいん!

栗原名物くりはらふぉーめん

食べれるお店&買えるお店

くりはらふぉ〜めんが買えるお店
(有)川口グリンセンター 

川口グリーンセンター

くりはらふぉ〜めんが買えるお店
あじわいの朝

あじわいの朝

くりはらふぉ〜めんが食べれるお店

お食事処 くりこま

お食事処くりこま

栗原市のオススメ通販サイト

もちっ小屋でん(栗原市一迫)
もちっ小屋でん(栗原市一迫)
瀬峰農場からの贈り物(栗原市瀬峰)
瀬峰農場からの贈り物(栗原市瀬峰)
        さぶん酒店(栗原市瀬峰)
        さぶん酒店(栗原市瀬峰)

  • "No1" this is tab container.you can write anythig.
  • "No2" this is tab container.you can write anythig.
  • "No3" this is tab container.you can write anythig.
  • "No4" this is tab container.you can write anythig.
  • "No5" this is tab container.you can write anythig.